プロペシアは通販で購入出来る

薄毛に悩む方にとって、プロペシアの一般的なお値段は一体いくらくらいなのでしょうか?気になるところですよね。ちなみに薄毛の治療を医療機関で受ける場合、薄毛は生命に関わる治療ではないので、いわゆる「自由診療」となり、保険の適用外です。そのため、治療費も各医療機関で価格が異なっているのが現状です。薬の価格も各医療機関で異なり、高いと1か月分で1万円ほど請求する医療機関もあります。病院で診察を受け、処方箋をもらい、お薬を購入するとなると、高いところでは初診料込みで4~5万円ほどになるケースもあります。また、病院へ行くとなると、病院までの交通費、通院にかかる時間も考えなくてはなりません。これらのことから、プロペシアは通信販売で購入するのが非常にお得だと言えます。

なぜプロペシアが通販で購入出来る?

プロペシアは処方箋医薬品に分類されています。そのため、日本国内で購入するとなると、必ず医師の処方箋が必要です。ドラッグストアなどで気軽に手にすることができないのはそのためです。では、海外で販売されている医薬品についてはどうなのでしょうか?日本の薬事法では、海外で販売されている医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を、国内での販売などの営業のために輸入するには、厚生労働大臣の承認と許可等が必要になります。しかし、自己に個人的に使用する場合に限り、1か月分以内の用量で個人輸入できるということが認められています。個人輸入代行サイトで扱っているプロペシアは海外医薬品となりますが、先述の薬事法の規定により、個人輸入をすることができるのです。個人輸入代行サイトは海外医薬品の個人輸入を代行する業者となっています。そのため、個人輸入に関する面倒な手続きの一切を任せて、通販で気軽にプロペシアを手にすることができるのです。

プロペシアを個人輸入

AGAの治療を日本国内で医療機関で受ける場合、保険の適用外になりますので、医療費の全額が自己負担になります。また、自由診療のため、各医療機関で治療費の価格を決めることができるので、それぞれで異なるというのが現状です。医療機関で治療を受ける場合、治療にかかるお金は高額になり、通院の際の時間もかかるということは、先にも触れた通りです。そこで、個人輸入サイトを利用することによって、海外のプロペシアを購入し、自分で治療してみるというのはどうでしょうか?海外医薬品のプロペシアを個人輸入で購入すれば、日本国内の価格よりも安価な海外の価格で入手することができますね。インターネットを検索すると、海外のプロペシアの相場は1か月分で6~7千円ほどで販売されているようです。これに送料がプラスされても、1か月分で7~8千円ほどになります。これらのことから、個人輸入でプロペシアを購入して自分自身で治療するのが、薄毛治療の治療代としては一番お安く済むということが見えてきます。

個人輸入とは?

では果たして、「個人輸入」とはどういうものなのでしょう?日本の税関のホームページを見ると、「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」となっています。個人輸入とは、個人が直接、海外のショップや企業、製造元などから商品を購入することです。日本国内で購入できる医薬品は、日本で認可されている医薬品に限られますが、個人輸入を利用することで、日本国内で未認可の医薬品であっても、海外で一般的に流通している商品であれば、ほとんどの商品を購入することができます。海外の医薬品を個人輸入する場合は、厚生労働省が定めた薬事法によって、いくつかの制限がありますが、これらを守れば、法に触れることなく医薬品を個人輸入することができます。薬事法上は、自己に対しての個人的な使用である場合に限り、処方箋医薬品は1か月分以内の用量、医薬品や医薬部外品は2か月分以内の用量であれば、個人輸入ができると認められています。ただし、医薬品の個人輸入にはデメリットも存在します。医師の処方が必要なく、いつでも手軽に医薬品を手にできてしまうということです。服用に関しては自己責任となるため、購入する前に医薬品の特性を自分自身でよく把握する必要があります。

通販サイトを利用すれば簡単に個人輸入が出来る

日本国内で、海外の医薬品を個人で輸入できるということは先に触れました。しかし、個人が直接、海外のショップや企業、製造元などに連絡をして商品を購入しようとすると、その国の言葉を話したり、その国の言語でメール等のやり取りをしなければなりません。 また、その国の時差に合わせて行動しなくてはならないということも出てくるかもしれません。そこで「個人輸入代行業者」の利用を検討してみるというのはどうでしょうか?個人輸入を代行してくれる「個人輸入代行業者」とは、商品を製造している海外のショップや企業、製造元などと連絡を取り合い、輸入に関する手続きを代行してくれる業者です。 ウィキペディアによると、「個人輸入に係る手続きの代行を業として行う者で、注文、支払い、通関、配送などの手配をする業者を指す。」とあります。個人で輸入の手続きをする場合、面倒な事柄が多く発生しますが、個人輸入を代行してくれる業者を介して商品を購入すれば、その面倒の一切を、業者に任せることができるのです。まるで、国内で通信販売を利用する時と同じような手軽さで、商品を手にすることができますね。配送や通関にかかる時間などは、国内の通販サイトを利用する際と同じようにはいかないことが多いですが、海外医薬品の購入は、海外医薬品を扱う通販サイトを利用するのが便利でお得といえます。

通販サイトにはプロペシアのジェネリックも

海外の医薬品を製造しているメーカーにおいては、プロペシアのジェネリック品も製造しています。プロペシアの主な有効成分は「フィナステリド」ですが、フィナステリドを含有するジェネリック医薬品は、多くのメーカーが製造、販売しています。もちろん、先発薬であるプロペシアよりもお得なお値段となっているので、これらの購入を検討してみるのはどうでしょう?ジェネリック品として主なものを挙げると、「フィンペシア」という製品があります。こちらは、インドに拠点を置くシプラ社が製造している、プロペシアのジェネリック医薬品です。プロペシア同様に安全性が高く、世界中で多くの人が利用している医薬品です。「フィナクス」は、インドのスマートメディサイエンス社が製造している、ジェネリック品です。どれも飲み方は「食前又は食後の1日で1回につき1錠服用」ということです。1か月分で30錠ほどですね。お値段は、いずれも30錠で1500円程度で購入できるようです。プロペシアのジェネリック品は他にも多くの種類があるので、先発薬であるプロペシアを購入する前に、ジェネリック品の購入も検討されることをお勧めします。

病院と通販は何が違う?

では、AGAの治療を医療機関で行う時と、通販で薬を買って自分自身で治療を行う時、それぞれの長所と短所を見てみましょう。 医療機関で治療を行うことによる長所は、まず「医師の診断を受けられること」に尽きると思います。他の病気を羅漢している時、どのように治療すべきかを相談することができたり、状況に応じて、どんな治療方法が合うかを確認するため、検査を行う場合があります。また、他に薬を服用している際は、飲み合わせに問題が無いかどうか、薬剤師に相談することもできます。 短所としては、治療費が高額になる場合があること、通院に時間が取られること、また、治療していることを他人に知られたくない場合でも、医療機関に出向き、医師や薬剤師と顔を合わせて話さなくてはならない、ということです。通院する医療機関が自宅の近所である場合は、治療していることを知り合いに知られてしまう可能性もありますね。それに、高額な治療費がかかったとしても、医師の技術の差によっては成果が出なかったり、大した治療を施してくれないという事もあるかもしれませんね。きちんと治療してくれる医療機関を見極める目を持つことも大切になります。 通販で薬を買って自分自身で治療を行う時の長所は、知り合いに知られず、自分一人でこっそり治療ができること、通院に時間を取られる心配が無いこと、治療するのは自分なので、治療代も安く済むことです。 短所としては、医師や薬剤師に相談したり、検査をしたりすることができない、ということです。また、薬の服用は自己責任となるので、副作用や健康被害があっても、すべて自己責任となってしまいます。それに、海外の医薬品を扱う通販業者は、粗悪な商品を扱う業者がいることもあります。通販サイトを選ぶ際に、そのサイトが良質な医薬品を扱うサイトなのかどうか、きちんと届けてくれる業者なのかどうか、見極める目を持つことも大切になります。

プロペシアのジェネリックについて

プロペシアのジェネリック聞いてとどんなお薬か応えられる人は少ないと思います。プロペシアでよく耳にするのが男性による脱毛のお薬であり、プロペシアのジェネリックというものは、プロペシアというお薬のジェネリック薬品です。バイアグラにもバイアグラのジェネリックがあるようにプロペシアというお薬にもジェネリックがあります。大きな特徴としてバイアグラ同様にお値段が安いことが特徴です。1錠あたりのお値段が50円以下なので誰でも簡単に安価で手に入れる事が可能です。しかし、お客様の中には「安すぎるから怪しい」や「偽物なんじゃないかな」などと言ったように安全性を求める人が多いのも事実です。そこで、プロペシアジェネリックの値段について病院と通販で比較しようと思います。プロペシアのジェネリックは個々最近日本でも販売されておりますので、早く使いたい方や安全性を求める人は病院で購入する人が多いのです。しかし、病院で行われるプロペシアを使ったの治療ではバイアグラ同様に倍以上の値段がかかってしまいます。また、病院まで行く必要がないという点もございます。「お金がないから安い方がいい」や「病院まで行くのに時間がかかる」と言ったお客様の意見に対応しています。最近では、通販での安全性も高くなっているため、多くの男性の人が通販で購入しようと考えている人が増えてきています。

プロペシアの効果について

プロペシアの効果について

実際にプロペシアは脱毛の治療に良いと言われているがどんな効果があって、良いのなのかと実際にプロペシアを利用しても効果や効能について細かく知っている人は少ないです。今回はプロペシアがどのような成分を含んでいるから効果が良いのかをお伝え致します。プロペシアは男声の悩みでもある脱毛の病気などの治療薬で使われている薬です。中にある様々な成分が髪の毛に栄養を与えており、子供の時と同様に髪の毛を生やす作用を生み出します。例えば、牛乳がいい例と言えます。牛乳に含まれるカルシウムが骨を強くするようにプロペシアのフィネステリドが髪の毛に栄養を与えて髪の毛を生えさせたり、固く丈夫な髪の毛にしています。使った人の中には2ヶ月で髪の毛が徐々に生えてきたという人も多くいます。

フィナステリドが抜け毛を抑えてくれる

プロペシアを服用している方で、よくフィナステリドという言葉を耳にします。フィナステリドとは簡単に言うとプロペシアの成分の1つです。しかし、プロペシアではこのフィナステリドが大きな役割を持っており主に髪の毛に栄養を与える大きな役割を持っています。今回はそのフィナステリドについて細かく説明しようと思います。フィナステリドは脱毛で悩んでいる者に対して髪の毛の成長を与えるための役割を持っています。多くの人が使っているバイアグラと同様で勃起不全に対して血流を良くして勃起不全の問題を解決するように、プロペシアに含まれるフィナステリドも同様で髪の毛の流れを良くして髪の毛がはえるように抑制します。ここで重要なポイントが「継続」しないといけないということです。髪の毛なので、毎日継続しないとお薬の効果が合わられないのです。「1日くらいのまなくていいや」や「たくさんあるから説明書通りじゃなくていいや」と言ったように自己判断で服用してはいけないのです。継続することによってフィナステリドの効果が現れますので、医師に言われたことや説明書に書いてあるとおりにプロペシアを服用させ、フィナステリドの効果を持続させることが重要といえます。

プロペシアを使わないと抜け毛は止められない

プロペシアは治療薬にも使われるほどとても必要な商品となっています。現在のAGA治療において医師に処方してもらったり、口コミなどで効果があると絶賛されているお薬となっております。一番の理由としてあげられるのは値段が安く効果が出やすいのが大きな特徴と言えます。通販などでプロペシアを購入する時は1錠あたり200円程度なので沢山購入することが出来、病院などでも安く効果があるということで扱っているところが多いです。多くの男性の方が「脱毛の薬やクリームを使っているのに効果がない」や「友達から紹介された脱毛の薬なのに効果がない」などといった意見をよく耳にするはずです。そのような人達のためにプロペシアがあります。プロペシアの中に含まれているフィナステリドという成分が主な成分がプロペシアであるため、他の脱毛のお薬やクリームよりも効果が強く合わられるのです。口コミの中でも「他の商品を使っても駄目だったけど、プロペシアを使って徐々に毛が生えてきた」といったことがよく書かれています。プロペシアの凄さは値段だけでなく、医師も認める程の強い効果があります。そのため、抜毛について悩んでいる人にも喜ばしいお薬であり、医師にとっても安心して提供できるお薬であるため、プロペシアの存在が多くの人に認められつつあるのです。

プロペシアの副作用

プロペシアは人気が高く、抜毛に悩む多くの人に使われている薬ではありますが、お薬なので副作用もございます。プロペシアは効果があるからと言って勝手にたくさん服用してよいということではないのです。医師の相談無しで勝手にたくさん服用したために次はEDの病気で悩まされる事になります。プロペシアの大きな副作用としては頭痛や腹痛などよりも勃起不全の副作用が強く現れるということなのです。抜毛の問題を抱えている人で合コンや飲み会などで女性にもてたいからといって、プロペシアをたくさん飲んで抜毛の病気は治っても彼女と性行為に及ぶときに満足いく性行為が出来なくなります。プロペシアの処方では必ず説明書を読んで服用するか、医師に必ず相談してから服用しないといけません。

男性機能障害

プロペシアの副作用で大きな問題が勃起不全による副作用であるということでしたが、これを聞いた人の中には「気をつけて飲むんだったら服用し続けても大丈夫じゃないのかな」や「勃起不全になったら今度はバイアグラを服用して治せばいいじゃん」などと軽く見る人が多く居ます。そのような考えの人達に伝えておくべき言葉は「後の祭りである」という言葉です。プロペシアの副作用について別の薬を使って治そうとすると更に危険な事になります。また、EDの病気になったからと言ってあとでバイアグラを服用しても意味が無いのです。プロペシアでは勃起不全だけが問題とうことではなく、他にも頭痛や腹痛などの副作用もあるためプロペシアを服用した後にバイアグラなど血流を良くするようなお薬を服用すると最悪死に至ることもございます。また、病気になってから他の薬を飲んでも代謝が低下しているので、薬の効果が普段よりも効果が出ることはございません。バイアグラとプロペシアは一緒に飲んでも良いお薬ではありますが、副作用について知ったつもりで2つの薬を飲むのは危険です。薬を併用して飲む場合は、先ず医師に相談して併用してもいいかどうかを知り、安全性を確認した上で併用する必要があります。それでも勃起を直したいという方はなるべく、プロペシアを飲むことを避けてバイアグラなどのEDに関する治療薬を1つずつ飲む必要があります。

肝機能障害

プロペシアについて、医師に相談したときに肝臓による問題をよく耳にした人が多いのではないでしょうか。実はプロペシアの服用には肝臓に悪影響を与えてしまうのです。プロペシアは薬であるため効果が強く肝臓に掛かる負担も大きなものです。肝臓は食べたものが毒であるかどうか判断して栄養を様々な用途に与えて毒を取り除くことが出来る器官です。プロペシアは肝臓の栄養や用途に合わせて栄養を分け与えるのでプロペシアを服用し続けるということは処理が追いつかなくなり肝臓自体が壊れてしまいます。例えば、パソコンなどで除法処理を行っているけど、たくさんの情報を1つのパソコンで行うと処理速度が遅くなりパソコンが壊れることにもなります。それと同じ作用が肝臓で行われるので、プロペシアの服用の際は飲み続けようとはせず医師に相談してどのくらい飲んだらいいのかを知る必要があります。

プロペシアの副作用

プロペシアのEDや精子減少の男性機能障害、肝機能障害の副作用以外に、プロペシアの副作用は頻尿(ひんにょう)、体毛が濃くなる、血圧が下がるといった報告も上がっております。効果が有る分、副作用が発生します。副作用が長い時間続くようでしたら、服用は辞め、掛かり付けの病院やクリニックで検査するようにして下さい。医薬品を飲む際には、どのような副作用が発生するのか知識として得ておく事は大事とされております。 なぜプロペシアを使ってはいけないか簡単な概要 女性は絶対にプロペシアを飲んでもいけませんし、触れてもいけません!それは、副作用が女性にとってとても危険だからなんです!その副作用を話す前に、女性のFAGA、つまり男性女性型脱毛症のお噺をしたいと思います。FAGAは男性型と名前がついているだけで、実際に男性ホルモンが影響して脱毛が進むわけではなく、ホルモンバランスが崩れるせいで薄毛や抜け毛が生じるのです。その為、DHTという男性ホルモンを阻害したところで、育毛効果は全くありません。そして副作用ですが、女性の中でも、特に妊婦の体内に成分のフィナステリドが入り、口や皮膚から吸収されると、胎児が男児の場合、その子の生殖器に異常を来たす危険性があるのです。触れることすら危険なんです。もちろん授乳中も注意が必要です!

なぜ女性はプロペシアを使ってはいけないか

女性は絶対にプロペシアを飲んでもいけませんし、触れてもいけません!それは、副作用が女性にとってとても危険だからなんです!その副作用を話す前に、女性のFAGA、つまり男性女性型脱毛症のお噺をしたいと思います。FAGAは男性型と名前がついているだけで、実際に男性ホルモンが影響して脱毛が進むわけではなく、ホルモンバランスが崩れるせいで薄毛や抜け毛が生じるのです。その為、DHTという男性ホルモンを阻害したところで、育毛効果は全くありません。そして副作用ですが、女性の中でも、特に妊婦の体内に成分のフィナステリドが入り、口や皮膚から吸収されると、胎児が男児の場合、その子の生殖器に異常を来たす危険性があるのです。触れることすら危険なんです。もちろん授乳中も注意が必要です!

妊娠している女性には禁忌薬

プロペシアの主成分はフィナステリドです。このことは、これまでも触れています。この、フィナステリドは、AGAを起こす男性ホルモンである、DHT「ジヒドロテストステロン」を作る働きの抑制です。この、ジヒドロテストステロンは毛母細胞に作用し、働きを低下させます。これにより、プロペシアは、薄毛が進むのを遅らせる作用を持つ、男性専用の治療薬とされています。ではなぜ、女性は、プロペシアを服用できないのでしょう?プロペシアについて調べていると、日本の厚生労働省のホームページにも、記載があるのを見ることができます。一部を抜き出すと、「女性と小児には使用してはいけません」「女性が服用してはいけません(プロペシアと妊娠に関する警告を参照)。」と、強く警鐘を鳴らしています。特に、妊娠中の方、妊娠を予定している方、授乳中の方は、プロペシアを服用してはだめなのです。例えば、妊娠中の女の方がプロペシアを服用したとします。お腹にいる赤ちゃんが男の子だった場合に、フィナステリドの働きによって生殖器が形成できなくなり、正常な発育が望めなくなる場合があると考えられています。フィナステリドは、誤って皮膚に触れたりした場合にも、皮膚を通じて体内に吸収されることが判っています。プロペシアを服用している男性のパートナーが妊娠している場合、薬の扱いには、細心の注意が必要となります。また、性行為の際にも、精液などを通じて胎児に悪影響を与える恐れがあります。これらのことから、プロペシアをはじめとしたフィナステリドを含有する薬を服用する男性は、性行為の際にもコンドームを使うなどして、パートナーとなる女性に薬が触れないように気を配りましょう。

授乳中も禁止

妊娠中でなくても、女性が授乳中の場合、プロペシアの扱いには注意が必要です。万が一、授乳中の母親が、プロペシアに触れるなどしてしまうと、フィナステリドの成分が母乳を介して子供に与えられ、悪影響が及ぶ場合があります。そのため、女性は「プロペシアを扱わない」のが最善と言えることがおわかりいただけたことと思います。以上を踏まえて、男性側も、女性が薬に触れないように徹底した管理をするようにしましょう。

薄毛に悩む女性が使っても効果はありません

これまで触れてきたように、女性はプロペシアを服用することができません。では、女性の薄毛の原因となる物質は一体何なのでしょうか?女性の薄毛の原因となるのは、エストロゲンが減少することによると言われています。女性ホルモンであるエストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれているもので、女性の妊娠や出産、体の発育、自律神経などに作用するホルモンです。このホルモンが、ホルモンのバランスが崩れるなどして分泌が少なくなると、肌や紙のツヤがなくなったり、抜け毛が増えたりするのです。女性と男性では、薄毛に関わるホルモンの種類が違うため、プロペシアを女性が飲んでも意味が無いのです。 プロペシアは未成年も服用できません。医療機関で処方してもらうこともできないのです。薄毛で悩む男子なら、未成年であっても、プロペシアを飲んでみたいと思うはずです。ですが、未成年も飲んでは駄目なのです。なぜなら、これまで触れてきたように、女の子はもちろん飲んではいけませんが、成長期の男の子にとっても、男性器の正常な発育が促されなくなる可能性があるため、飲んではいけないのです。また、成人の女性にとっても、未成年にとっても、その他の副作用に関してはまだわかっていない部分が多くあります。そのため、危険性が指摘されている事柄に関しては、注意しておく必要があります。

未成年も使っては駄目(仮)

これまで触れてきたように、女性はプロペシアを服用することができません。では、女性の薄毛の原因となる物質は一体何なのでしょうか?女性の薄毛の原因となるのは、エストロゲンが減少することによると言われています。女性ホルモンであるエストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれているもので、女性の妊娠や出産、体の発育、自律神経などに作用するホルモンです。このホルモンが、ホルモンのバランスが崩れるなどして分泌が少なくなると、肌や紙のツヤがなくなったり、抜け毛が増えたりするのです。女性と男性では、薄毛に関わるホルモンの種類が違うため、プロペシアを女性が飲んでも意味が無いのです。 プロペシアは未成年も服用できません。医療機関で処方してもらうこともできないのです。薄毛で悩む男子なら、未成年であっても、プロペシアを飲んでみたいと思うはずです。ですが、未成年も飲んでは駄目なのです。なぜなら、これまで触れてきたように、女の子はもちろん飲んではいけませんが、成長期の男の子にとっても、男性器の正常な発育が促されなくなる可能性があるため、飲んではいけないのです。また、成人の女性にとっても、未成年にとっても、その他の副作用に関してはまだわかっていない部分が多くあります。そのため、危険性が指摘されている事柄に関しては、注意しておく必要があります。

プロペシアはどのように使えば良いのか?

プロペシア(Propecia)の効果、効能を十分に発揮する為には、正しい飲用方法を理解した上で服用する事をお薦めします。プロペシアは毎日ある程度の決まった時間に飲む事をお薦めします。しっかりと毎日飲み続ける事、持続して飲む事が効果を発揮します。プロペシアの飲むタイミングは一日の中で何時に飲んでも構いませんが、ルーティンで飲み忘れを防ぐ為にも朝の歯磨き後に飲むなど、毎日必ず行う行為と合わせて飲むようにすると飲み忘れを防ぐ事が出来ます。

プロペシアは1日1回飲む

プロペシアは、AGA改善薬であり、毎日飲む事が大切となっております。食事前は胃に負担を掛けてしまう為、お薦め出来ません。水や白湯で飲むようにし、ソフトドリンクやアルコールと一緒に飲むと医薬品の効果が損なわれてしまいます為、ご注意下さい。プロペシアは一日一錠服用されるAGA(男性型脱毛症)の治療薬となっております。二錠飲んだほうが、効果が二倍になって早く結果が出るんじゃないかと思われる方もいるかと思いますが、効果等は変わりませんので、医薬品は用法用量をしっかりと守って下さい。

プロペシアは半年間継続が必要

プロペシアを初めて使う方はどのように服用すればよいのかわからない方が多くいらっしゃいます。医師に相談することも出来ないため、インターネット上や友達などから聞いて服用する人もいます。プロペシアを使う時は一般的に1日に1回1錠だけを服用すれば良いと言われています。そのまま飲むのではなく、水などと一緒に服用します。個人差によって異なりますので、友達やインターネット上での知識だけが絶対とは限らないのです。