TOP > フィナステリドについて

フィナステリドの効果、副作用、服用方法、購入方法を紹介

プロペシアの有効成分フィナステリド

プロペシアの有効成分フィナステリド

フィナステリドはどんな薬に使われ、どんな効果があるか?を説明する プロペシアの有効成分はフィナステリドというものです。主成分がフィナステリドなので、プロペシアの中にほかの成分があります。つかり、フィナステリドはプロペシアではないです。 フィナステリドを主成分として作られた薬が多いです。育毛界(プロペシアおよびプロペシアのジェネリック商品)、前立腺肥大の治療薬界(プロスカーおよびプロスカーのジェネリック医薬品)等が主な成分として使われます。 フィナステリドは男性掘るもの働きを抑える薬物、抗アンドロゲン剤の一つです。 AGAの原因は男性のホルモン――テストステロンが5α-リダクターゼと合わせて、ジヒドロテストステロンへと変換されてしまうことです。フィナステリドはこの5α-リダクターゼの動きを阻害してハゲや薄毛を改善する成分です。フィナステリドが含まれ内服薬と外用薬もあります。薄毛治療の道では進んでいます。

フィナステリドが開発された経緯

フィナステリドが開発された経緯

フィナステリドはもともと前立腺肥大症を治療する薬として1991年に開発されました。その翌年にはプロスカー(5㎎)との商品が出てきました。そのあとの研究で小数量の成分で男性の脱毛症を改善することが明らかになりました。ついに、1997年には男性型脱毛症の治療薬として認可されました。日本では2005年に厚生労働省に男性型脱毛症として認可されました。そこまで、強いAGA治療薬が世界人に知られてました。

フィナステリドが使われている薬

フィナステリドが開発された経緯

フィナステリドはAGAと前立腺肥大症を主な主成分として使われています。 AGA方面ではプロペシア、フィンペシア等育毛剤の内服薬および外用薬として開発されました。ほかのプロペシアのジェネリックはフィンカー、フェネレッド、フィナックス、フィナロなどがあります。これらの商品はすべて厚生労働省に認可されたものですので、安心安全購入するのは大丈夫です。 前立腺肥大症方面では、みんながあまり知らないので、ここでは少しお話します。アメリカのメルク会社によってプロスカーを開発されました。ただ日本ではこの薬が承認されてないので購入できません。ほかはプロスカーのジェネリックがあります。フィンカーなどが非常に有名です。もちろん今のインドではいろんなジェネリック商品が作られていますので、興味があれば調べてみても大丈夫です。

プロペシア

フィナステリドを含有した商品は複数開発されており、最も有名なのはプロペシアです。 現在すでに世界の60以上の国で認可されていて日本でも処方が認められている薬なので、知名度の高さや効果の期待度などから安全性は非常に高い薬になります。

フィンペシア

プロペシアの後発薬として発明されたのが、フィンペシアです。 プロペシアのデメリットや難点など試行錯誤して作られた後発薬なので先発薬と比較すると、プロペシアには生じた難点などは改善されていますし、安価に入手できる魅力的なジェネリックの一つです。

プロスカー

フィナステリドを含むAGA治療薬には他にもプロスカーがあります。 プロペシアと比べるとまだまだ認知度も評価も高くないのが現状ですが、同一の主成分を含んでいる、というだけではなくプロペシアよりも比較的安価に購入できるといったポイントがあります。

フィナステリドの効果

フィナステリドの効果

元を辿るとフィナステリドは当初、AGAの治療用に使用されていたわけではありませんでした。 もともとは前立腺肥大症の治療の一種で使われており、副作用でAGA効果が見つけられたのがAGAの治療薬の誕生に至ります。 誤解しがちですがフィナステリドそのものに毛を増やす効き目があるのではなく、あくまでも頭髪の成長機能を邪魔するホルモンをおさえるといった効果があるのです。 髪が生まれ変わるのにはヘアサイクルがあるので短期間での効果は期待できませんが、長い目で見て服用すればするほど効果が実感できるのがフィナステリドです。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用

医薬品につきものなのが副作用です。どんなに評価が高くて効果のある医薬品でも副作用は多少なりともあります。 一般的に多いのがお腹の痛みや頭の痛み、人によっては勃起不全なども現れるようです。 しかしながら日本国内でも認可されている薬なだけあって、安全性は大変優れている薬です。 軽度な症状であれば高確率で感じやすい人もいますが、重度な私生活に支障をきたすような副作用はありません。 用法・用量を守らず自己判断で過剰に摂取した場合は例外ですがきちんと決められた飲み方を守れば副作用の心配もおそれほど必要ないでしょう。

フィナステリドで気を付けること

フィナステリドで気を付けること

これはフィナステリドに限らずしてすべての医薬品の使用にあたって言えることですが、用法や用量は守るのは当たり前のことです。効果を期待して過剰に摂取したりすると過度に副作用が出たり最悪の事態で、自分の体が危険を及ぼすことも、場合によっては絶対的にないとは言い切れません。 又、フィナステリドには肝機能に障害の出る副作用があります。 必ずしも肝機能の障害を感じる、といったわけではありませんが肝臓に自信のない方や何かの持病を持っている方などは障害が出やすい可能性がある為服用は控えたほうが良いでしょう。 そしてフィナステリドは、服用を辞めた途端に脱毛の症状が進むケースが多い為、一度服用を始めるとずっと継続して飲み続けなければいけません。

妊婦・授乳中の女性には近付けない

フィナステリドという成分は女の人は決して使用してはいけません。 また触ることもいけないとされており、特にお腹に命が宿っている人や授乳している人が触ったり飲んだりしてしまった場合胎児は10か月の時を経て徐々に身体の生殖器を作り上げていますが、その成長を阻害する危険があります。

未成年の使用は禁止

もちろん未成年の服用も一切禁止です。 アルコールも同じように”お酒は20歳になってから”といわれていますが、未成年の身体の成長が一番活発な地金服用すると発達段階を阻害してしまうことにある為アルコールと同様に危険と言われています。 フィナステリドの使用は20歳を超えてからです。

まとめ

まとめ

誰しも髪の毛は少ないよりは多い方が良いと考えるでしょう。 髪の毛はその人の印象さえも変えてしまうほど、重要な役割を果たす体の一部だと思います。 日本国内で認められたことにより、AGA患者の大きな手助けをしているフィナステリドですがその反面注意しなければいけない点もたくさんあります。 誤った飲み方をしてしまったり飲んではいけない人(未成年や妊娠中の女性)が飲んでしまうと、身体へ危険が及ぶ違う視点から見れば少し怖い薬でもあります。 即効性はないものの、決められた服用を守れば満足のいく効果は必ず現れます。 薄毛に迷われている方は是非フィナステリドの効果を実感しましょう。