TOP > フィンペシアは効果と副作用

フィンペシアの効果、副作用、服用方法、購入方法を紹介。エフペシアとの比較もあります。

フィンペシアでAGAの治療は問題なく出来ます

フィンペシアでAGAの治療は問題なく出来ます

薄毛の自己治療に最適なプロペシア。このプロペシアにもジェネリックの医薬品が存在しています。人気のあるお薬としては、「フィンペシア」という商品があります。ここからは、このお薬について掘り下げていきたいと思います。フィンペシアというお薬は「プロペシアのジェネリックの医薬品」ですが、これは、先発薬となるプロペシアよりも価格が安くなっていて、大変人気のある男性の薄毛に効くお薬です。有効成分は「フィナステリド」となっています。フィナステリドは、男性の抜け毛を引き起こす元となるホルモン、ジヒドロテストステロンを作る働きを抑制してくれるのだそうです。プロペシア同様の成分を含むお薬になりますので、プロペシア同様の効果を期待できるお薬ということですね。

フィンペシアの効果とは?

フィンペシアの効果とは?

それではここから、フィンペシアの具体的な効果について触れていきたいと思います。男性の抜け毛の原因となる主なものは、男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」だと指摘されています。この男性ホルモンは、頭髪の薄さに悩む男性にとって非常に厄介なホルモンでして、アタマの毛母細胞に作用して、頭髪を作る働きを低下させてしまうのです!フィンペシアの主な成分は「フィナステリド」ですが、こちらの成分が、男性の抜け毛の原因となる厄介な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を作る働きを抑えてくれるのです。

フィンペシアで抜け毛を止める

頭髪を薄くしてしまう厄介な酵素、5a-リダクターゼは、中でもアタマの皮脂腺や毛乳頭に多く存在していて、そのために抜け毛が進むのだそうです。この、フィンペシアは、プロペシア同様、有効な成分のフィナステリドが、5a-リダクターゼのテストステロンへの働きかけを阻害する医薬品ということになるんだそうです。よって、抜け毛を抑えて、薄毛が進むのを遅らせてくれる効果があるのです。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用

フィンペシアはプロペシアの後発品であり、全てに含まれている成分(finasteride)に関する注意喚起が厚生労働省より発表されております。 特に気を付けるのは妊娠中の女性に対してで、使用は絶対として、割れたり砕けたりした錠剤にさわることすら禁じられています。妊娠中の女性がfinasteride成分に触れたり、飲んだりして体内に吸収された場合、生まれてくる子供(男の子)の性器に異常を発生させる場合があります。割れていない錠剤のまま触れてしまっても直接有効成分に触れることはないので大丈夫です。使用は「大人男性に限る」ことに注意しましょう。 その他肝機能障害のリスクもありますので、日常的に使用している方、使用を検討している方は毎年健康診断を受けるとよいかもしれません。また、フィンペシアを含むfinasteride含有品の使用中は献血が禁止されていますので気を付けましょう。

フィンペシアとエフペシア

フィンペシアとエフペシア

フィンペシアとエフペシアは同じインドの製薬会社であるシプラ社が製造しているプロペシア後発品です。効果は同じで共に「finasteride」を含有しています。同じ会社から作られた同じ後発製品ですが、名前が違う商品となります。 当初シプラ社からはフィンペシアのみ製造されていましたが、フィンペシアの着色料についてマイナスイメージが持たれるようになり、そこで着色剤を変えた製品を発売しました。それがエフペシアとなります。現在ではフィンペシアも着色剤が変わりまして、以前とは違うもので着色しています。従ってフィンペシアとエフペシアは着色が違う同じ成分、同じ効果の医薬品となります。

フィンペシアの購入方法

フィンペシアとエフペシア

フィンペシアは先発薬プロペシアの後発品に当たります。日本国内では病院からの処方はプロペシアのみ認可されているため、病院で処方されることは絶対にありません。従ってインド産であるフィンペシアを手に入れようとした場合、現地に行くか、国内から個人輸入で取り寄せるしか方法があります。フィンペシアを入手する目的でインドを訪れるのも現実的ではないと思うので、入手を検討している場合、インドからの個人輸入通販での購入を考えてみては如何でしょうか。個人輸入は薬事法に則ったサービスであり、きちんとした業者を利用することで自宅で待っているだけで世界中の医薬品を手に入れることができます。

フィンペシアについてまとめ

フィンペシアについてまとめ

フィンペシアはプロペシアのジェネリックですが、プロペシアはまだ特許が満了していない為に特許法が異なるインドでのみ製造可能なAGA治療薬です。フィンペシアは「インド」の「シプラ社」が製造している医薬品である為、インド以外で製造されていたり、製造会社が違うものである場合は偽物である可能性がありますので注意しましょう。個人輸入で購入した場合、先発薬と比べると10分の1程度の値段で購入でき、効果は同じものが見込めますのでコストパフォーマンスに大変優れた商品であることは間違いありません。病院処方でAGA治療を継続すると経費も多大になる場合もあります。コストを抑えたい場合、個人輸入を検討するとお得なお買い物ができます。 また、フィンペシアを個人輸入する場合は着色剤であるキノリンイエローが含まれていないもの(キノリンイエローフリー)のフィンペシアが今現在一番新しいものになりますので覚えておくとよいでしょう。