プロペシアはAGAに効果的だけど副作用は大丈夫なのか?お得な購入方法も紹介!

プロペシアとは

プロペシアの効果と副作用

プロペシアは日本で認められた数少ないAGA治療薬の内の1つです。日本では2005年12月からMSD株式会社が販売しています。

もともと前立腺肥大などの治療に使われてきましたが、その後の研究でAGAにも効果が期待できると分かり、AGA治療薬として販売されるようになりました。

今ではその効果の高さから利用者も増え、世界60か国以上でシェアされている製品です。

しかしそのプロペシアがどのくらい効果的なのか?副作用は大丈夫か?などの不安からなかなか手を出せない方が多いのも現状です。

日本では成人男性の3人に1人がAGAだと言われています。ここではプロペシアの効果や副作用に対して解説し、安全で安く効果的にプロペシアを使っていく方法を紹介したいと思います。

プロペシアの効果・効用

実際にプロペシアは脱毛の治療に良いと言われていますが、どのように作用して効果が出ているかなどは、プロペシアを利用している人でも細かく知っている方は少ないです。

プロペシアは脱毛を「止める」治療薬ではありますが、利用している人の中には発毛や毛が太くなった、量が増えたなどの効果を実感している人も多数います。

どのような有効成分が働き効果が出ているのか、効果が出るまでどのくらいかかるのかなどを知って正しく服用していきましょう。

プロペシアの成分

有効成分:フィナステリド

体の中にはAGAの原因となってしまう悪質な男性ホルモンのジヒドロテストステロンが存在します。

この男性ホルモンは、テストステロンという男性ホルモンと5αリグクターゼという酵素が働くことにより作られてしまいます。

しかし有効成分のフィナステリドは、悪質な男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑える働きがあり、ヘアサイクルを正常に戻してくれるのです。

フィナステリドの効果をより詳しく知りたい方は下記ページで分かりやすく解説しているのでご確認ください。

効果を実感するまでの期間

プロペシアの効果を実感するまで最低半年は毎日服用すべきと考えられています。

しかし早い方では2か月程度で効果を感じられたりもしますが、場合によっては1年程度かかる人もいます。

この効果を実感できるまでの期間に関しては人それぞれのため、半年程度たっても効果を実感できなかった場合は医師へ相談してみたり、別のAGA治療薬を利用してみてください。

実際に今現在プロペシアを利用していて効いていないと感じている方は、効かない原因から効果を出す方法まで解説しているページを参考にしてみてください。

いつまで続ければいい?

1年間毎日服用することによって、ほぼ進行は止まると言われています。

しかし、完全に進行が止まったからと言って服用を中止していいというわけではありません。

プロペシアの効果は24時間で体内からなくなってしまうため、服用をやめてしまったらまたその日から薄毛の進行が進んでしまうのです。

しかしプロペシアなどの医薬品でないと確実に進行を止めるのは難しいというのも事実です。

そのためできるだけ安く、負担のかからないようにプロペシアを購入し続けていくことが重要になっていきます。

予防にも効果あり?

親がAGA、最近抜け毛の量が増えてきた気がする、など将来の薄毛に対して不安を持っている方も多いかと思います。

結論から言うと、プロペシアはAGA予防にも効果があります。

プロペシアは早期治療として飲むことを推奨されていて、早く飲めば薄毛になる可能性はほぼなくなるのです。

もしも親がAGAの場合は、親がどのくらいで薄毛に気付き始めたのかなどを聞いてみて、自分の予防するタイミングの参考にしてみてください。

正しい飲み方(服用方法)とは

プロペシアをより効果的にするには、正しい用法容量や飲み方を守らなくてはいけません。

<正しい服用方法>
・1日1錠
・0.2mgか1mgを服用
・毎日決まった時間に服用
・未成年や女性に触れさせない

最低限上記は守るようにしましょう。

プロペシアは毎日続けることで効果を発揮します。焦って1日2錠飲んだとしても効果は変わらないため、1日1錠が鉄則です。

日々の服用を忘れないためにも、寝る前や起きてすぐなど毎日必ず同じ時間に行う行動と一緒に服用すると忘れづらいのでお勧めです。

プロペシアの効果をより出すためには最低限この服用方法は必要で、さらに効果を出したい場合は外用薬であるミノキシジルと併用したり、普段の生活から食事などに気を付けるとより良いでしょう。

プロペシアの副作用

プロペシアの服用を検討している人が一番気になるのはこの副作用ではないでしょうか。

抜け毛に悩む多くの人に使われている薬ですが、やはり医薬品なので副作用ももちろんあります。

正しい服用方法を守らず量を増やしたりなどしてEDに悩まされる場合もあるため、どのような副作用が現れる可能性があるのかを良く知り、用法容量を守って服用するように心がけてください。

軽度のもの

プロペシアの副作用

軽度の症状はその他の医薬品によくあるような副作用がほとんどです。また、用法容量を守ればその発症率は数パーセント程度と言われています。

・頭痛
・腹痛
・下痢

このような症状がもし現れた場合は自己判断をせず、一旦服用をやめて医師に相談してみてください。

プロペシアを服用していながら市販の頭痛薬などを服用しても大丈夫ではありますが、多少なりとも体の負担になっているため速やかに病院に行きましょう。

その他に「体毛が濃くなった」「血圧が下がった」など聞いたことがあるかもしれませんが、プロペシアの服用でそのような症状が出るとは添付文書に書かれていません。

そのような症状が出ている方は、ミノキシジルと併用していたりなどしていて、そちらの副作用の可能性が高いです。

重篤化するもの

副作用の中には稀に重篤化するものもあります。

プロペシアの副作用で勃起機能不全(0.7%)があります。確率はかなり低いと考えられていますが、そのせいで更に鬱の症状が出てしまう人もいるため侮れません。

そのため少しでも違和感を覚えたらすぐに医師の診断を受けてください。

また薬を毎日飲み続けるため、稀に肝機能障害(0.2%)が起きる場合もあります。体の怠さや食欲不振を感じたら血液検査をしてみてください。

もともと肝臓になにかしらの病気を持っている方は自己判断で服用する事は避けましょう。

副作用への対策

上記のような副作用を起こさないようにするためには、何よりも用法容量や飲み方を守ることが大切になってきます。

また服用する前には自分の体調が万全である事も重要で、肝臓に負担をかける飲酒などは適度の量に抑え、過度な飲み方はやめましょう。

副作用が実際に起きてしまった場合は無理に飲み続けることはやめて、医師の診断を受けてください。

それにより服用を中止した方が良いか、他の薬などを併用しながら飲み続けていいかわかるはずです。

自己判断ですべて行動するのは悪化させる可能性を高めるためやめましょう。

プロペシアの併用禁忌・注意

服用時が空腹であったりそうでなかったりした場合も効果の数値は変わらなかったことから、食事の影響は受けないと考えられています。

また、今のところ併用禁忌の薬は無く、例えば服用中に風邪を引いても風邪薬を服用しても良いのです。

しかし市販の薬ではなく、病院で処方されるような薬の場合は市販よりも強力なことが多いため、病院の先生にプロペシアを服用しているということはしっかりと伝えておきましょう。

また、普段から飲酒量が多い方は肝臓により負担をかけてしまうため、少し控えめを意識して飲んでください。

そしてたばこに関してですが、たばこを吸うと体温の低下や血流が悪くなったりします。血流が悪くなると髪の毛まで栄養が行き届かなくなり、薄毛へつながるのです。

薄毛を少しでも改善したいのであれば禁煙すべきでしょう。

その他のAGA治療薬

AGA治療薬として有名なプロペシアですが、その他にも効果があると考えられているAGA治療薬があるのです。

ミノキシジル
ミノキシジルは外用薬とタブレット型の内服薬があります。外用薬の場合、体の内側からでなく頭皮に直接働きかけるため、プロペシアとの併用でより効果が出ると考えられています。

ザガーロ
ザガーロは2016年に承認されたばかりの新しいAGA治療薬です。その効果はプロペシアより高いと言われており、徐々に知名度も上がってきて利用者も増えています。

プロペシアの購入方法(通販・病院)

AGAの治療は生命にかかわる治療ではないということから「自由診療」とされています。そのため保険適用外で、それぞれの皮膚科が自由に値段を決めているのです。

一般的な値段は約8,000円~ですが、病院での処方ですとそこへ初診料や診察料がかかってしまうため1万円は越すと考えておいた方が良いでしょう。

更に通院する時間をとらなくてはならない点もデメリットです。

しかしもっと安く手軽に購入する方法で、通販という手段があります。通販の場合、通院の時間を確保しなくても良いうえに、通常1万円以上かかってしまう費用が平均5,000円程度で手に入れることが出来るのです。

現在は電話でのお問い合わせやしっかりと正規品を確認しているような評判のいい通販サイトがほとんどです。

プロペシアは早く始めるほど効果的

効果効能を十分に発揮するためには、正しい服用方法を理解したうえで使用することをおすすめします。

毎日ある程度決まった時間に飲むこと、持続して飲むこと、さらにできる限り早く利用を始めたほうが効果的なのです。

このように正しく服用すれば、懸念されがちな副作用なども起きづらくなり安心・安全に効果を実感することが出来る製品なのです。