TOP > フィナステリドの効果・副作用

フィナステリドの効果と副作用を調査!ジェネリックについても解説しています。

フィナステリドとは

フィナステリド見出し

AGA治療薬のプロペシアなどに含まれている有効成分のことをフィナステリドと言います。

アメリカ合衆国のメルク社という会社が開発した薬で、もともとは前立腺がんの治療薬として作られましたが、研究の過程でAGAにも効果的であることが分かりAGA治療薬にも使われるようになりました。

日本では前立腺がんの薬としては認められておらず、AGAの治療薬としてのみ認められています。

フィナステリドが含まれている代表的な治療薬のプロペシアは、日本でもかなり流通しています。

フィナステリドの効果・効用

フィナステリドの効果・効用

フィナステリドはAGAに効果的であると言われています。

しかし誤解されがちですが、そのものに毛を増やすという効果があるのではなく、あくまでも頭髪の成長機能を邪魔する男性ホルモンを抑えるという効果なのです。

つまり「抜け毛を止める」という効果なのですが、利用者の中には毛量が増えた、毛が太くなった、などといった効果を実感している人も多くいます。

なぜ薄毛に効果的なのか

なぜ薄毛に効果的なのか

AGAの原因は、男性ホルモンのテストロテンが5αリラクターゼという酵素と合わさり、悪質なジヒドロテストステロンになってしまうからです。そのジヒドロテストロテンが毛周期を狂わせ脱毛を促してしまいます。

しかしフィナステリドは、酵素である5αリラクターゼの動きを阻害し、ジヒドロテストロテンの発生を抑えます。そうしてハゲや薄毛を改善してくれるという仕組みなのです。

また頭頂部の薄毛だけでなく、髪の毛の生え際などにも効果があると言われています。

しかしストレスなど別の原因で起きてしまうような、円形脱毛症などの男性型脱毛症以外の症状には効果はありません。

どのくらいで効果が出る?

フィナステリドが含まれるプロペシアは、基本的に毎日の服用を約半年続ければ効果が出ると考えられています。ですが、早い人では2か月程度で効果が実感できることもあります。

上記説明したように、基本的にはAGAの進行を抑制する有効成分です。しかし利用者の多くが毛量の増加や毛質が太くなるなどの効果を実感しています。

長く使用すればするほどその効果を実感する人は多く、日本国内の臨床試験では、半年で48%の人がその効果を実感しており、3年服用を続けると78%の人が毛量や毛質変化の効果を感じたということが分かりました。

効果的な使い方

フィナステリドをより効果的に使用するには、必ずその製品の用法容量を最低限守ることが大切です。

基本的にフィナステリドが含まれている製品は1日1錠同じ時間に毎日飲み続けるものが多く、フィナステリドは24時間で効果がなくなってしまうためそれを忘れてしまうとAGAの進行がまた始まってしまうのです。必ず忘れないように気を付けなければいけません。

日々の服用を忘れないようにするためにも、朝起きたら飲む、寝る前に飲むなど毎日必ず同じ時間に行う行動と一緒に服用するようにすると忘れづらいためおすすめです。

フィナステリドの副作用

AGA治療薬の服用を迷っている方が一番気にしている点はこの副作用だと思います。

医薬品ですので確かに他の薬と同様副作用の可能性はありますが、その確率は低いものばかりです。

軽度のもの

軽度の副作用

フィナステリドの副作用は軽度のものだと、一般的におなかの痛みや頭痛が現れます。

耐えられないほどの症状が出た場合はすぐに使用をやめて医師に診断してもらってください。

基本的に併用禁忌な薬は無いため市販の鎮痛剤との併用は可能ではありますが、薬は肝臓を荒れさせる可能性があるため自己判断はやめましょう。

フィナステリドは一日の量を増やしたからと言って効果が早まるわけではありません。ただ副作用のリスクが上がるだけですので、用法容量を守って使用することが重要なのです

重篤化するもの

重篤化する副作用

確率はかなり低いですが、副作用の中には重篤化する症状もあります。

1%未満の確率で、勃起不全(ED)などの男性機能低下の症状が現れる可能性があります。確率は低いものの、それにより鬱の症状まで発症してしまう人もいるため少しでも違和感を覚えたら医師へ相談してください。

また、肝機能障害が起こる可能性もあると言われています。同じように確率は低いですが、薬の服用で肝機能が低下し食欲減退、体の怠さなどの初期症状が現れます。

服用し始めてからこのような症状が現れたら医療機関で血液検査をしてください。

副作用対策方法

上記のような副作用の確率を少しでも下げるには正しい飲み方を守りましょう。そしてもし副作用が起きてしまった場合は、決して自己判断だけで解決しようとせず、医師へ相談することが大切です。

しかしながら日本国内でも認可されている薬なだけあって、安全性はとても優れています。軽度なものは感じやすい人もいますが、重篤化して私生活に支障をきたすような副作用は確率が低いため、安心して服用してください。

フィナステリドのジェネリック

MSD株式会社が製造・販売しているプロペシアに含まれるフィナステリドは、特許期間を満了しているため同じ有効成分の後発医薬品であるジェネリックが存在しています。

ジェネリックとは、その元となる製品の安全性や効果効能を認められているからこそ作られるものなのです。

ほかの製薬会社は、そのジェネリックが同じ有効成分と効果があると認めてもらい販売しているため、開発費や研究費が削られる分安く販売できるうえに安全性や効果がプロペシアと同じくらいあるとてもお得な製品なのです。

ジェネリックの種類

フィナステリドのジェネリックは様々な種類があるため、中でも代表的な三つの後発医薬品を紹介します。

<フィンペシア>
白色の丸い錠剤で、シプラ社が製造販売しています。プロペシアが1か月分約8,000円してしまうのに比べ、フィンペシアは通販で購入すると平均1,500円程度で購入することが可能なのです。

<エフペシア>
フィンペシアの後に同じシプラ社が製造販売しました。通販では100錠から販売しているところが多いですが、100錠でも平均5,000円とプロペシアに比べてかなり安いです。

<フィナロイド>
薄い赤色の錠剤で、ロイドラボラトリーズ社が開発しました。エフペシアと同様で100錠から販売しており、費用も平均5,000円です。

フィナステリドの購入方法(通販・病院)

フィナステリドが含まれる製品は病院だけでなく通販で購入することも可能です。

病院の場合ですと保険適用外の医薬品のため1か月約8,000円かかり、それに加えて初診料や診察料が上乗せされてしまいます。

通販の場合プロペシアも通常よりは安く購入でき、上記のようなジェネリック医薬品でしたら3分の1以下で購入することが出来ます。AGA治療薬は長期的に利用するため、少しでも費用を安くしたい方は通販が良いでしょう。

医薬品の通販について詳しく知りたい方は下記を見てみてください。

薄毛対策にはフィナステリドが効果的

AGAに悩む男性は、成人男性の3人に1人もいると言われています。

普段の生活習慣から予防してみたり、市販の育毛剤やシャンプーなどで対策している人も多いです。

しかしハッキリと「効果がある」と言われているのは医薬品だけであり、実際に臨床試験のデータでは多くの人のAGA対策に役立てたことが分かりました。

AGAとは長期的に関わっていくものなので、できるだけ安く効果的に対策していくことが大事で、フィナステリドは通販で安く購入できるうえに効果的なので悩んでいる方におすすめできます。