TOP > プロペシアが効かない理由

プロペシアが効かない人の原因とは!?効果を出す方法も紹介!

プロペシアが効かない原因

「プロペシア効かない」記事見出し

「AGA治療といえばプロペシア」というほど効果が認められていて知名度も高い医薬品ですが、中には「なかなか効果が表れない…。」と感じている人もいます。

もちろん効果があるとは言え、人それぞれの体質が違うため100%ではありません。しかし今効果が出ていない人たちは、もしかしたたら体質以外の問題で効果を得られていない可能性もあるのです。

また、プロペシアで発毛や毛質の変化を実感している人も多くいますが、実際は「AGAの進行を止める」という効果であり、発毛や毛質変化までの効果は確認されていません。

そのため抜け毛は減ったけれど発毛がない!というのは効果がないわけではなく、AGAの進行を止めるという効果がしっかりと出ているのです。

しかし発毛どころか抜け毛も減らないという方は、下記のような理由が原因かもしれません。

使用期間が短い

医薬品と聞くと、飲んだら数日で効果が表れ始めるものだと勘違いされやすいです。

しかし人間には毛周期というものがあり、退行期、休止期、成長期が一定の期間で訪れ毛が生え変わるのです。

その期間を踏まえると、半年は効果を実感するまでかかると考えた方が良いでしょう。

早い人だと2か月程度で実感できますが、まだ半年経っていない状態で「効果が出ないな」と思っている方は、まずは半年間がんばって服用を続けてみてください。

AGAではない

プロペシアは脱毛症全般に効果がある医薬品というわけではありません。

AGA(男性型脱毛症)にのみ効果が認められているため、もしかしたらAGAではない可能性があります。

AGA以外の脱毛症だと下記のようなものがあります。

・円形脱毛症
十円ハゲともいわれています。特に前触れもなく起きてしまう脱毛症です。髪の毛の一部が不自然に抜けてしまい、原因はストレスなどがあります。

・脂漏性湿疹
フケのようなものが出てしまう湿疹で、シャンプーの洗い残しなどが原因でも起きることがあります。

・抜毛症
正常な髪の毛を自分で引き抜いてしまう症状のことを言います。抜毛症の方は抜毛癖と言われ、場合によっては無意識に抜いていることもあります。

「自分はAGA以外なのかもしれない」と、上記に心当たりがある方は病院で診てもらいましょう。

服用方法が違う

効果を最大限に発揮させるには正しい服用方法を守っていることが重要です。

・1日1錠
・24時間おき、同じ時間に毎日服用
・1mg以上は服用しない

効果をもっと早く、たくさん出したいと思い1日1錠以上の服用をしてしまう人もいます。しかし、1錠以上服用しても効果が倍増しすることはないためやめましょう。

また、何よりも大切なのが「24時間おき、同じ時間に毎日服用」するという点です。

同じ時間というのは、有効成分の血中濃度を安定させより効果的にすることや、同じタイミングで服用すれば飲み忘れも防げるからです。

飲み忘れが一番効果を薄めてしまう原因になってしまいます。もしいつも飲んでいる時間に飲み忘れてしまったとしたら、その日のうちに飲めば大丈夫です。

しかし1日空いて飲み忘れに気付いた場合に2錠服用するのは良くないため、1日空いてしまった場合はその日の分だけ飲むようにしましょう。

服用注意事項に当てはまっている

プロペシアには併用禁忌薬はなく、もし風邪を引いてしまったとしても市販の薬と一緒に服用しても大丈夫です。

しかし服用するにあたっての注意事項があります。

・20歳未満の使用は禁止
・成分アレルギー、過敏症の人は控える
・元々肝臓に病気を持っている方は控える

上記に当てはまっている方は使用をやめましょう。服用を続けていても効果が出るどころか、体への負担が重なり重大な症状が出てしまうかもしれません。

プロペシアで効果を出す方法

髪を気にする男性

効果が出ない原因をいくつか解説しましたが、次は効果を出す方法や相乗効果を狙えるような対策を紹介していきます。

まず生活習慣の見直しで相乗効果を狙いたい場合は、髪の毛に良いと考えられている食事を摂取していくようにしましょう。

ほかの医薬品と併用する

プロペシアには相性がいい他の医薬品があります。それがミノキシジルの外用医薬品です。

ミノキシジル
AGA治療薬の一種で、タブレット型もありますが実際に頭皮に塗る外用医薬品が有名です。

血管を拡張させ血流を良くすることにより、頭皮にまで栄養がいきわたり髪の毛の成長を促してくれます。

プロペシアとの併用で、内と外どちらからもAGAにアプローチできるため効果が上がります。

また、併用は不可ですがプロペシアよりも効果が高いと言われているザガーロという医薬品に乗り換えてみるというのもいいでしょう。

ザガーロ
プロペシアでは抑えきれない部分までAGAの原因を抑えるため、プロペシアよりも効果が高いと言われています。

育毛剤と併用する

医薬品を併用しても副作用の確率は低いですが、それでも不安という方は育毛剤を併用して使用するという手もあります。

育毛剤の場合、医薬品ではないのではっきりと効果があるとは言えませんが、併用で相乗効果が期待できる可能性はあります。

<チャップアップ>
育毛剤の中でも特に人気が高く、無添加・無香料で肌にも優しいと言われています。発毛の効果を実感している人も多いです。

<フィンジア>
様々なメディアでも取り上げられている今話題の育毛剤です。頭皮を柔らかくして発毛を促す効果が期待できます。

<スカルプDシャンプー>
TVCMなどでも話題な育毛シャンプーで、6年連続男性シャンプーシェアが№1という実績を持っています。

クリニックに相談する

その他の方法として、AGAクリニックに相談し一番自分に合った治療をしてもらうという方法もあります。

自分で対策するよりもお金がかかってしまいますが、自分じゃどうにも分からないという方はまず初回の相談のみ無料でできるため、話を聞きに行っても良いでしょう。

通常の皮膚科だとAGAに関しての治療の話をするのが周りの目が気になり恥ずかしいと思う人もいますが、AGA専門のクリニックでしたらそういった心配はありません。

最低半年は使い続けよう

服用しているのになかなか効果が出ないと思い心配になっている方々は、上記で心当たりはありましたか?

この中でもまだ服用を始めて1,2か月程度なのに効果がないと心配してしまう人が特に多いです。半年間は服用してみてください。