TOP > ミノキシジルの効果・副作用

ミノキシジルの効果や副作用を徹底調査!お得に購入する方法も紹介中!

ミノキシジルとは

ミノキシジル見出し画像

ミノキシジルは、AGAに効果的だと認められている有効成分の一つです。

もともとは血管拡張薬として開発され高血圧の薬として使われていましたが、その後の研究で男性型脱毛症(AGA)を改善する効果があるとわかり、AGA治療薬として製品化されました。

基本的にミノキシジルは直接頭皮に塗る外用薬が流通していますが、タブレット型の内服薬もミノタブという愛称で存在しています。

「本当に効果あるの?」
「副作用が心配…。」

このような疑問や不安からなかなか手を出せない方も多いのではないでしょうか。

ミノキシジルは、正しく服用すればとても安全で効果的な医薬品です。ここではどのように効果があるのか、副作用の確率など細かく解説していきたいと思います。

ミノキシジルの効果効能

薄毛を気にする男性

ミノキシジルの効果はAGAの進行を止めるだけでなく、「発毛」も促すという効果があります。

AGA治療薬の内服薬として有名なプロペシアはあくまでも進行を止めるという効果ですが、ミノキシジルには発毛効果があるため今かなり人気な有効成分なのです。

特に頭頂部に効果的であると言われており、さらに効果を高めたい場合は外用薬のミノキシジルと内服薬のプロペシアと併用すると良いため、多くの人が併用しています。

体にもたらす作用

もともと血圧の薬として開発された成分なので、血管を拡張させ頭皮への血流を良くすることにより髪の毛を成長させる作用があります。

血流を上げることにより毛根の成長期を延長させ、毛が生えるほどじゃなかった毛穴・毛根に刺激を与え、太く長く成長させるよう働きかけます。またミノキシジルの配分量が多いほど効果的だと言われています。

さらに、より効果を上げるためにはAGA治療薬の中でも知名度の高いプロペシアという製品と併用して使うと良いと言われています。

AGAというのは、悪質な男性ホルモンが原因で起きてしまいますが、プロペシアはその男性ホルモンを抑制してくれる作用があります。

そしてミノキシジルには「発毛させる」効果があります。

「AGAの進行を止める」プロペシアと「発毛させる」ミノキシジルが合わさることにより、AGA改善へ導いてくれるのです。

そういった理由からプロペシアとの併用がより効果的なため、セットで活用するのがベストです。

効果を実感するまでの期間

ではミノキシジルの効果を実感できるにはどのくらいかかるのでしょうか。

プロペシアなどの内服薬は半年ほどと言われていますが、ミノキシジルも同じく3か月~6か月ほどは様子を見てください。

長く感じるかもしれませんが、退行期や休止期、成長期と髪には毛周期というものが存在するためしっかりと発毛するのには時間がかかってしまうのです。

■退行期
細胞分裂が止まり、新しい毛が下から押し上げてくることにより毛乳頭が毛球から離れます。

■休止期
毛乳頭と毛球が離れ、軽く手を触れたりシャンプーをすることで毛が抜け落ちていきます。

■成長期
細胞分裂が始まり毛が成長を続け、栄養が多いほど成長します。

早い人では3か月程度で効果を感じますが、半年は根気よく続けてみてください。

いつまで続ければいい?

ノートに書かれたハテナマーク

効果を実感出来たら使用をやめてしまっても良いと考えている方もいるかと思いますが、AGA治療は基本的にやめてしまうとまたその日から進行が進んでしまいます。

しかしもしプロペシアと併用している場合、ある程度髪の毛も生え揃い今後は現状維持だけでいいとなったときはミノキシジルの使用はとめて、プロペシア一本の使用が良いでしょう。

予防にも効果あり?

親がAGAで、最近抜け毛が増えてきたような気がする…などという方はなるべく早く予防対策をとりましょう。

しかしAGAの予防に関しては、ミノキシジルよりもプロペシアを使用した方が良いとされています。

まず、ミノキシジルは発毛効果が認められています。しかしAGAの根本的な原因となるジヒドロテストロテンを抑えるという効果はなく、抜け毛はありつつも発毛する、という状態になります。

しかしプロペシアの場合は、原因のジヒドロテストロテンを抑制する効果があるので、抜け毛が抑えられ現状維持が可能なのです。

もしもAGA予防を検討しているのであれば、プロペシアの方が良いでしょう。

正しい利用方法

正しい利用方法を守ればその効果はより確かなものになります。逆に、正しく利用しないとその効果は薄れるだけでなく、副作用の可能性も増えてしまうかもしれないのです。

<外用薬>
・清潔な頭皮に塗る
・製品の利用方法を守る
・頭皮マッサージをしながら行うとより良い

外用薬の場合は製品によって1日何回どのように使用するかが異なります。しっかりと説明書を読んでください。

ミノキシジルは頭皮に浸透させなければ効果は出ません。そのため毛穴の汚れを取り、清潔な状態で塗りましょう。また、少し時間を置きながら浸透させますが、その際にマッサージもするとより浸透します。

ベタつきなどの不快感を感じる人も多いようですが、それもマッサージなどで解消されやすいです。

<タブレット>
・最初は2.5mgから服用する
・効果や副作用の様子をみて増量を判断する
・水、またはぬるま湯で飲む

タブレットの場合、効果によっては10mgまで増やすこともできます。しかしいきなりではなく、まずは2.5mgから服用し効果があまり現れないと思ったら徐々に増やしていく方法が良いでしょう。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用

利用を悩んでいる理由の一つで副作用への心配が大きいという方もいると思います。

医薬品なので副作用の可能性はもちろんありますが、ミノキシジルの配分量によってその確率も変わります。

量が多い方が副作用の確率は若干上がりますが効果的であり、逆に少なければ副作用の確率は下がりますが量が多いものと比べて効果も出づらくなります。

そうなると配分量が少ない方が安心と思うかもしれませんが、量が多い場合でも副作用の確率は10%以下だと考えられているためそこまで心配する必要はありません。

外用医薬品のミノキシジルは特に、その他内服薬のAGA医薬品よりも副作用が出づらいと言われています。

軽度のもの

まず誰にでも起こりうる軽度な副作用だと、一番多いのは「頭皮のかゆみ」です。多少かゆみを感じる程度なら良いのですが、悪化して炎症を起こす場合もあります。

頭皮のかゆみ以外だと、頭痛、眠気、むくみなどが起きる可能性がありますが、むくみの場合はマッサージで解消されることもあるので気になったところを揉みこんでみてください。

また場合によっては「多毛症」という頭皮以外の体の毛が増える症状も稀にみられますが、確率は低いです。多毛症になったとしても突然ゴリラのように毛深くなってしまうわけではなく、一部少し気になるかな?程度で済むことが多いので心配する必要はありません。

重篤化するもの

ミノキシジルで大きな症状は報告されていませんが、タブレットの場合は特に、稀ですが薬であるため肝臓に負担がかかり肝機能の低下を促してしまう可能性もあることは理解しておきましょう。

なんとなく体がだるい、食欲が減退している、そんなことがAGA治療を行ってから続いてしまった場合は医師へ相談してみてください。肝機能が低下しているかなどは血液検査で分かります。

副作用への対策

上記で説明したような副作用を起こしづらくするには、正しい利用方法を守ることが大切です。副作用の発症が少なく効果も出る、という自分に最適な量を見つけてください。

また、外用薬を使用していて皮膚上のトラブルがあった場合はタブレットに変更する、などの対策をとるのもおすすめです。

もしも耐えがたい副作用が発症した場合はすぐに医師へ相談してください。自己判断で対応してしまうと悪化してしまう可能性があります。

ミノキシジルの初期脱毛

髪を気にする男性

AGA治療薬を使うことにより、初期脱毛という症状が起こります。事前に存在を知らないと、治療しているはずなのに突然抜け毛が増えた!と驚いてしまうため知っておいてください。

初期脱毛というのは、AGA治療を始めてしばらくすると1日平均300本ほど毛が抜けてしまう症状のことを言います。これは副作用というよりも、ミノキシジルの効果が表れている証拠なのです。

まず、髪の毛には毛周期というものがあります。成長期では髪の毛が成長し、退行期ではその毛が毛球から離れようとし始め、休止期では完全に離れ髪の毛を洗ったりなどするとスルリと抜けてしまい、また新たな毛が生え成長期へ移ります。

このサイクルが正しく循環すれば薄毛になることはないのですが、AGAの場合このサイクルが崩されてしまうため成長しきっていない毛が抜け落ちたりしてしまい薄毛になります。

しかしミノキシジルを使用するとその毛周期を正してくれるのです。その際、一度髪の毛をリセットするような感覚で髪の毛が一気に抜け落ちていきます。そして太い毛に生え変わっていくのですが、その期間を初期脱毛と呼びます。

平均的にその期間は1ヵ月程度といわれていますが、人それぞれのため生え変わりに3か月以上かかる人もいます。あまり心配せず、効果が出ている証拠だと前向きに使用を続けてみてください。

ミノキシジルの併用禁忌・注意

利用する前に十分チェックしておかなければいけないのが併用禁忌・注意についてです。

併用したものによっては効果を減退させてしまうことや、重度な症状が出てしまうこともあるので気を付けましょう。

<併用禁忌・注意>
・血圧を下げる薬(バイアグラなど)
・血管を収縮させる薬(スマトリプタンなど)
・解熱剤、鎮痛剤などに使われるイブプロフェン

まずミノキシジルはもともと血圧を下げる薬だったため、血管を広げ、血流を良くする作用があります。そのため同じように血圧を下げる薬を併用してしまうと過剰に摂取することになり危険なのです。

そして逆に、片頭痛などに使われる血管を収縮させる薬は、広げた血管をまた縮めることになるため血圧のバランスがとりづらくなります。

イブプロフェンはドラッグストアなどに売られている市販の薬に含まれていることが多く、併用すると吐き気などの副作用が現れる可能性があるため気を付けましょう。

もし何かと併用する場合は医師や薬局にいる薬剤師へ相談してから購入すると確実です。

その他のAGA治療薬

AGA治療薬はその他にも様々なものが存在します。

ミノキシジルが合わず別の医薬品に変更を検討したいと思っている方や、他の医薬品の詳細も見て比較したいという方は参考にしてください。

プロペシア
AGA治療薬の中でも一番流通している有名な医薬品です。AGAの原因となる男性ホルモンを抑えてくれ、症状をストップする効果があります。

医療機関だけでなく通販でも購入でき、ミノキシジルと併用するとより効果を発揮します。

ザガーロ
2015年に承認されたAGA治療の新薬です。プロペシアよりも効果が高いと言われており、まだまだ知名度は劣るものの利用者が急上昇している医薬品です。

通販では安くて効果的であるザガーロのジェネリックも購入できます。

ミノキシジルの購入方法

ミノキシジルの育毛剤を購入する方法

購入方法ですが、医療機関での処方やドラッグストアでも手に入れることが出来ます。しかしドラッグストアでは外用薬の「リアップ」しか購入できません。リアップは1本約8,000円です。

医療機関だと自分の症状を見てもらい購入できるということで安心できますが、初診料や診察料が上乗せされる上に、保険適用外の医薬品なので1万円以上はかかる場合があります。コストの点でデメリットが大きいです。

長く使用し続けるものなので、費用面で自己負担を減らしたい場合は通販が良いでしょう。

外用薬の場合1本平均2,500円程度で購入でき、タブレットも100錠平均3,800円で購入することが出来るのでかなりお得です。

プロペシアと併用すればより効果的

用法容量を守ればとても効果的で安全なため、利用者の数も増えより効果的に利用する方法なども広まってきました。

中でもやはり外用薬のミノキシジルと内服薬のプロペシアを併用して使うという方法で一番効果がみられるため、どちらもAGA治療をする方たちから人気の高い製品になっています。

「AGA治療をしたいけどあと一歩が踏み出せない」という方もこの記事でミノキシジルの安全性と効果に納得できたら、早ければ早いほど効果がみられると言われている治療法ですのですぐに対策をとると良いでしょう。