TOP > プロペシアとミノキシジルの違い

プロペシアとミノキシジルの違いを徹底解説!併用するとより効果的って本当!?

プロペシアとは

「プロペシアとミノキシジルの違い」見出し画像

AGA治療を検討している人が初めに知るのではないかというくらい有名なAGA治療薬がこのプロペシアという製品です。

2005年に日本でも安全性や効果が認められ製造販売され始め、その知名度から治療薬の中でもAGAに悩んでいる人がまず初めに試すことが多いです。

元々は前立腺肥大の薬として開発された有効成分でしたが、その研究途中でAGAにも効果的であると分かりプロペシアが誕生しました。

確実性が高く、1年ほど利用していたら完全に進行が止まるとまで言われています。

より詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

ミノキシジルとは

ミノキシジルはAGAに有効な成分で、製品名ではありません。

配合された製品で日本では「リアップ」シリーズが有名ですが、海外にはもっと様々な種類があり、自分に合った製品を見つけることができます。

ミノキシジルにはリアップのようが直接頭皮に着ける外用薬と、ミノキシジルタブレットという内服薬が存在します。

直接塗るものと比べムラがなく、内側から全体的に発毛を促してくれるため外用薬よりも内服薬を利用する方が増えてきました。

元は血圧を下げる薬でしたが、毛をはやす薬としても効果的だと分かり販売されました。

より詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

プロペシアとミノキシジルの違い

ノートかかれたハテナ

プロペシアとミノキシジルはどちらも日本で安全性・効果が認められているAGA治療薬です。

しかしこの2には大きな差があります。そして大きな差があるからこそ、プロペシアとミノキシジルは併用するとより効果的だと言われているのです。

その理由を細かく説明していきます。

効果

まず、2つともAGAに効果的です。どう効果的かと言うと、それぞれ特徴があります。

<プロペシア>
・AGAの進行を止める効果

<ミノキシジル>
・髪の毛を生やす効果

AGAに効果的な製品でも、どう効果的なのかがこのように違うのです。

プロペシアを服用して実際に髪が増えたなどの効果を実感する人も中にいますが、基本的に進行を止める効果なので、予防や現状維持のために服用する事が多いです。

逆にミノキシジルは髪の毛を生やす効果があるため予防には向いておらず、毛を生やしたい人が使うべき治療薬でしょう。

このように2つの製品は違う側面からそれぞれAGAにアプローチしてくれるため、併用すると「AGAの進行も止められて毛も生えてくる」ということになるため、セットで購入する人が多いのです。

体への働き・作用

2つがどのような効果があるかは分かったと思いますが、今度はどのように体に働きかけてくれて効果が出るのかを説明していきます。

まず、AGAが起きてしまう原因はジヒドロテストロテンという悪い男性ホルモンのせいなのです。

つまり、そのジヒドロテストロテンを発生させなければAGAの進行を止めることが出来ます。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、そのジヒドロテストロテンの発生を抑制してくれる効果があるのです。それによりAGAの進行を止めることが出来ます。

そしてミノキシジルは、もともと血圧を下げる薬の成分だったため血管を拡張させ血流を良くする作用があります。

外用薬の場合は頭皮へ直接、内服薬の場合は体の内側から血流を良くし髪の毛までしっかりと栄養がいきわたるようにしてくれるのです。

そういった理由で髪の毛を生やすことが出来ます。

つまり、AGAの根本を断ってくれるプロペシアと、発毛を促すミノキシジルを併用すれば完璧だという事なのです。

副作用

体への作用が違う分副作用も異なります。

<プロペシアの副作用>
・頭痛
・腹痛
・男性機能低下
・肝機能障害

<ミノキシジル>
・頭皮のかゆみ、炎症
・むくみ
・多毛症
・めまい

プロペシアの場合心配されがちなのがEDやリビドー減退などの男性機能障害です。しかしその確率は0.7%と言われています。違和感があったらすぐに病院へ行ってください。

ミノキシジルは、実は副作用が少ないことで有名なのです。外用薬の場合皮膚が弱い人などで炎症を起こしてしまう方もいますが、重篤化するようなケースは報告されていません。炎症などが起きてしまった場合はすぐに使用を中止しましょう。

また「多毛症」とありますが、これは髪の毛以外の体の一部の毛が濃くなったり長くなったりすることを言います。

体に痛みを感じるなどの現象はありませんし、急に毛深くゴリラのようになるわけではないためそこまで心配する必要はありません。気になる方は剃れば大丈夫です。

どちらも日本で認められた安全性の高い製品ですが、もしもこういった症状が現れたら使用をすぐにやめて診察してもらいましょう。

利用方法

次は利用方法の違いを説明していきます。

<プロペシア>
・一日一錠
・24時間おきに飲む
・毎日同じ時間に飲む

プロペシアは毎日飲み続けてこそ効果が出ると言われています。有効成分は24時間で効果がなくなってしまうということと、血中濃度を安定させてより効果的にするために毎日同じ時間に服用する事を推奨しています。

<ミノキシジル>
(外用薬)
・塗る前は頭皮を清潔にする
・製品の利用方法を守る

(内服薬)
・初めは2.5mgから服用
・水、またはぬるま湯で飲む
・1日1錠か、1錠を2分割し1日2錠毎日同じ時間に服用

まずは外用薬ですが、基本的にどの製品もしっかりと頭皮に浸透させなければいけないため、頭皮の汚れを取ってから使用しましょう。

後は1日何回、どのタイミングで行うかは製品によって異なるため、しっかりと説明書を読んでください。

内服医薬の場合、2.5mgから服用を始めてもっと効果を出したかったら量を増やしていくと良いです。いきなり10mgなどを飲んでしまうと体が慣れず顔がパンパンにむくんでしまったりもします。

また、1錠を分割して1日に2回飲む方法もあり、徐々に体に取り入れられるためそちらの方が効果的だともいわれています。しかし面倒な場合は1日1錠で大丈夫です。

価格

プロペシアとミノキシジルでは価格も異なります。さらに、ジェネリック医薬品になるとより安く入手することが出来るのです。

<病院・クリニックの場合>
・プロペシア
1ヵ月:平均8,000円
・ミノキシシジル
1ヵ月:平均16,000円

<市販>
・プロペシア
販売なし
・ミノキシジル
1ヵ月:平均8,000円

・プロペシア
1ヵ月:平均5,600円
・プロペシアジェネリック
1ヵ月:平均1,350円
・ミノキシジル外用薬
1ヵ月:平均2,500円
・ミノキシジル内服薬
1ヵ月:平均1,500円

このように比べると、通販の安さが圧倒的です。

ジェネリックって元の製品より劣ってるんじゃないの?と思う方もいますが、そうではありません。

元の製品の特許が切れ、同じ成分で同効果・安全性を認められてやっと製品化できるのです。研究、開発費がかかっていない分質が高いまま安く提供できています。

AGA治療は数回利用すれば終わるわけもなく、この先何年も続けていくものです。そう考えると少しでも安く手に入れたほうが負担も減りますよね。

AGA治療に大切なことは毎日続けると言う点です。自己負担が減ると続けやすくなり、結果的に効果も得られるのです。

プロペシアとミノキシジルどちらがおすすめ?

ここまで説明してきましたが、結局どちらがおすすめなのでしょうか。

その答えは「プロペシアとミノキシジルは併用するのがベスト」です。

AGAの根本から抑えてくれるプロペシアと、髪を生やしてくれるミノキシジルをセットで使えば進行も止まるうえに毛も生えます。

しかし下記のような場合は片方だけでもいいでしょう。

<プロペシアのみの利用>
・AGA予防のため
・ミノキシジルと併用して十分髪が生えそろった人

ミノキシジルだけの使用でも十分効果はありますが、内側から根本を正すという意味でもプロペシアを服用した方が良いでしょう。

プロペシアとミノキシジルの購入方法(通販・病院)

購入方法は上記で少し説明しましたが、病院、通販、市販の3通りがあります。

プロペシアの場合は市販では買えませんが、ミノキシジルはリアップのみ市販で購入することが可能です。

病院やクリニックだと保険適用外のため1ヵ月平均10,000円以上かかることもあります。初診料や診察料、場合によっては検査料などもあるため毎月払うのはかなりの負担になってしまいます。

通販の場合はそういった診察がない分、通院する時間を作らなくてもよく、手軽に24時間注文できるうえに安く購入できるという点が最大のメリットです。

安い分リピーターも多く、AGA治療薬を購入する方法として主流になりつつあります。

どちらもAGAに効果的で、併用するとより良い

いかがだったでしょうか。

プロペシアもミノキシジルもAGAにはとても効果的だと言うことが分かったと思います。

2つの製品を併用するとより効果的なため、セットで利用する方がほとんどです。

AGAで悩んでいる方にとってはとても高い確率でその悩みを解消できる使用方法なので、ぜひ利用してみてください。