TOP > プロペシアとザガーロの違い

プロペシアとザガーロの違いって?ザガーロ方が効果的って本当?

プロペシアとは

「プロペシアとザガーロの違い」見出し画像

AGA治療薬と言えばプロペシアが一番知名度もあり、根強い人気もあります。

元は前立腺肥大症のために作られた有効成分でしたが、後にAGAにも効果的だと分かり作られた治療薬がプロペシアです。

日本では2005年から販売されているため今では多くのAGA患者が利用し、医療機関では予防のための利用も勧めているほどです。

世界60か国以上でシェアされているだけありAGAの進行を止める効果はとても高く、1年も服用すれば完全に止まると言われています。

中には発毛や毛質の変化を実感している人もいるほどです。

ザガーロとは

まだ聞きなれない名前だと思いますが、2015年に認可されたAGA治療薬の新薬がこのザガーロです。

プロペシアと同様、元は前立腺肥大症のために作られた有効成分でした。

知名度はまだまだ低いですが、その効果の高さからプロペシアから乗り換える人も増えています。

そのようにAGA治療薬として「プロペシアよりも効果がある」ということで利用者が急上昇している医薬品ですが、それが事実なのか、プロペシアとの細かな違いなども下記で説明していきます。

プロペシアとザガーロの違い

ノートかかれたハテナ

作られた年代は違いますが、元は前立腺肥大の治療薬であり、AGA治療薬として日本で認可された医薬品であることは二つとも同じです。

ではどちらを選べばいいのでしょうか?その違いを細かく見ていきましょう。

効果

「ザガーロはプロペシアよりも効果が高い」

このような噂を聞いた人もいるかもしれませんが、事実なのでしょうか?

実は、これは本当なのです。

プロペシアに含まれる有効成分フィナステリドよりも、ザガーロに含まれる有効成分のデュタステリドのほうがAGAを止める効果が高いのです。

そのためプロペシアを利用してみて効果をあまり感じられなかった人がザガーロに乗り換えることも多く、とても人気が出てきています。

体への働き、作用

ではどのようなことを理由にザガーロの方が効果があると言われているのかを説明しますが、それにはまず、なぜAGAが起きてしまうのかを知る必要があります。

AGAは、ジヒドロテストロテンという悪い男性ホルモンのせいで起きてしまいます。

その悪い男性ホルモンがヘアサイクルを乱し、まだしっかりと成長しきっていない髪が脱毛してしまう事から薄毛になってしまうのです。

ではそのジヒドロテストロテンがどのようにしてできてしまうのかと言うと、テストロテンという特に害のない男性ホルモンと5αリラクターゼという酵素が結合して変化してできてしまいます。

そこで、プロペシアやザガーロの有効成分は2つが結合しジヒドロテストロテンを発生せないために、5αリラクターゼを阻害してくれるのです。

ではどこでプロペシアとザガーロの差がつくのでしょうか?

それは阻害する5αリラクターゼに秘密があります。

実は5αリラクターゼには「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の2種類があり、プロペシアの有効成分は「Ⅱ型」しか阻害できないのです。

「Ⅱ型」を阻害するだけでも十分効果はありますが、ザガーロは「Ⅰ型」と「Ⅱ型」のどちらも阻害してくれるため徹底的にジヒドロテストロテンの発生を防いでくれることから、ザガーロの方が効果があると言われているのです。

副作用

2つの製品には副作用の差もあります。

発症する可能性がある副作用の内容は2つとも下記のようなものがあります。

・頭痛
・めまい
・腹痛
・男性機能低下
・肝機能障害

服用したらこんな副作用が出てしまうのかと心配になるかもしれませんが、どれも確率はとても低いです。

しかし、ザガーロの場合プロペシアよりも効果はありますがその分副作用の可能性もプロペシアより数パーセント高くなってしまいます。

そうだとしても10%以下ではありますが、ザガーロには「プロペシアよりも効果があるけれど、その分副作用の確率が少し上がる」という特徴があります。

大前提に2つの製品どちらも日本でも効果や安全性を認められたものですので基本的に安心して大丈夫ですが、違和感を覚えたらすぐに医療機関を受診してください。

利用方法

2つの製品の利用方法ですが、これらはどちらも共通しています。

・一日一錠
・24時間おきに服用
・毎日決まった時間に服用

体にもたらす作用も基本的に同じなので、飲み方も同じになります。

どちらもこれを最低限守らなければ効果は下がることもあるため、忘れないように毎日服用し続けてください。

早いと2か月で効果が表れますが、だいたい半年はかかると思って利用してみてください。

価格

プロペシアとザガーロには価格にも若干差があります。ザガーロが新薬ですので、プロペシアより高くなるのです。

<病院・クリニックの場合>
・プロペシア
1ヵ月:平均8,000円
・ザガーロ
1ヵ月:平均9,000円

どちらも保険適用外の医薬品ですので、医療機関によって価格は異なります。ザガーロは場所によって10,000円以上するところもあるためかなり高いです。

しかし通販を利用すれば2つとも安く購入することが出来ます。

<通販の場合>
・プロペシア(ジェネリック)
1ヵ月:平均1,350円
・ザガーロ(ジェネリック)
1ヵ月:平均2,700円

ジェネリックと聞くと元の製品よりも劣っていると思われがちです。

しかし、元の製品と同じ成分で同じ効果、安全性を認められたからこそジェネリックは製造販売されるため、とてもお得な製品なのです。

医療機関では扱っている場所も少なく、結局診察料などもかかってしまうためあまり費用の削減はできません。AGA治療薬は長く使うものですので、年間を通して考えると通販の方がかなり節約できるのです。

ジェネリックではなく通常のプロペシアを通販で購入する場合でも、月5,600円程度で購入することが可能です。

プロペシアとザガーロどちらがおすすめ?

薬をつまむ男性

2つの製品を比較してみましたが、結局どちらの方がおすすめなのでしょうか。

どちらにも人によって相性があるため、こちらの製品の方がぜったいに良い!と一概には言えません。

そのため筆者がおすすめする方法は「プロペシアで効果が出なかったらザガーロを使う。」というやり方です。

プロペシアでも効果が出る人は十分出るため、副作用の確率がより低いプロペシアから利用を開始してみると良いでしょう。

プロペシアとザガーロの購入方法(通販・病院)

ケータイをいじる男性

購入方法はどちらも病院やクリニックか通販になります。

上記でも説明したように、病院では診察してくれることはメリットですがその分診察料などが上乗せされます。また、保険適用外であり割引などがないため毎月の費用がかさんでしまうのです。

通販の場合そういった診察はありませんが、その分製品の価格のみで購入ができます。さらに割引もあるため安く、ジェネリックのばあいは元の製品の5分の1以下で購入することが出来るのです。

詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

ザガーロの方が効果が高く、プロペシアの方が副作用の確率が低い

草原

プロペシアとザガーロの差が分かったでしょうか?

「ザガーロの方が効果が高く、プロペシアの方が副作用の確率が低い」ため、一度試してみなければどちらが自分に相性がいいか分かりません。

そのためまずはリスクがより低いプロペシアから使い、物足りなければザガーロに変更するのがベストでしょう。

またほかにもミノキシジル外用薬と併用するというやり方がかなり効果的だと言われています。

プロペシアやザガーロで内側からAGAの根本的な成分を抑制し進行を止め、ミノキシジルで血管を拡張し発毛させることが出来きるためこれらをセットで利用するとAGA対策には完璧なのです。

悩んでいる方は是非試してみてください。