プロペシアで薄毛予防はできる?
TOP > プロペシアの通販

プロペシアは薄毛予防にも効果的だった!?お得な購入方法も紹介中!

プロペシアで薄毛予防

「プロペシアで薄毛予防」見出し画像

「親がAGAだから自分も心配」
「最近抜け毛が増えてきた気がする…」

このような悩みを抱えている人は多く、早い人では20代でAGAが進行してしまいます。

そういった不安を抱えながら生活したくはないですし、実際にAGAになってしまって人目を気にするのもストレスですよね。

ではAGAを予防するためにはどうすればいいのでしょうか。

普段の食生活や生活習慣から改善していくことも大切ですが、AGAは遺伝も強く関わっているため完全な予防策とは言えません。

そこでAGAに効果的だと言われているプロペシアという医薬品がありますが、予防で服用するというよりも実際にAGAが進行してしまっている人が使っているイメージが強いと思います。

しかし、実はプロペシアはAGA予防にも最適な医薬品なのです。

予防に対してどのくらい効果的なのか?副作用は?などの疑問をここでは徹底解説していきます。

予防として効果あり?

上記でも説明したように、プロペシアはAGA予防にも効果的な医薬品です。

AGAが進行している人だけでなく予防にも効果的なのには理由があり、それは有効成分であるフィナステリドの働きが関係しています。

まず、AGAが起きてしまう仕組みを説明します。

髪の毛には毛周期と言うものが存在し、髪の毛が成長する成長期、毛球から毛が離れ始める退行期、完全に毛が離れするりと毛が抜ける休止期というものがあります。

それらのサイクルを繰り返すことにより丈夫な髪が保たれているのですが、AGAの場合そのサイクルが乱され、成長しきっていない髪が退行期に入ってしまい薄毛になってしまうのです。

なぜそうなってしまうのかと言うと、悪い男性ホルモンである「ジヒドロテストロテン」が原因で毛周期が乱されてしまいます。

そのジヒドロテストロテンは、テストロテンと言う男性ホルモンと5αリラクターゼという酵素が結合・変化し誕生してしまいます。

有効成分フィナステリドはジヒドロテストロテンを作らないために、酵素である5αリラクターゼを阻害し、テストロテンとの結合を防いでくれるのです。

その仕組みにより、AGAの進行が止まると考えられています。

AGA改善の仕組み図

そしてこの仕組みだからこそ予防にも最適だと言われていて、多くの医療機関やクリニックで予防での使用を推奨しています。

AGAの元となる男性ホルモンを発生させないように事前に服用しておくことにより、AGAの発生を防ぐことが可能なのです。

予防で副作用は出る?

医薬品なので副作用の心配もあると思います。

プロペシアは予防で服用した場合でも副作用が発症する場合もあり、軽度のものから場合によっては重篤化するものもあります。

しかし、日本でも効果や安全性が認められている製品のためその確率はかなり低いです。

まず、軽度なものだと下記のような副作用があります。

・頭痛
・腹痛
・下痢

このような副作用も確率は数パーセントですが、もし起きてしまったら併用禁忌な薬は無いため市販の頭痛薬などを飲んでも大丈夫です。しかし酷いようでしたら病院に行きましょう。

また他に、プロペシアの副作用では勃起不全があります。確率は0.7%とかなり低いですが、違和感があった場合は服用を中止してください。

更に確率は低くなりますが、0.2%で肝機障害もあります。服用後食欲不振や体の怠さを感じたらすぐに病院へ行きましょう。

予防した方が良い人

薬をつまむ男性

今後AGAにならないためにも、どんなタイプの人が予防をした方が良いのでしょうか?自分は予防すべきなのか悩んでいる方も是非参考にしてください。

まず、AGAになる成人男性は20代で10%、さらに30代になると20%になり、その後10歳ごとに10%ずつ増えていきます。

このように年齢を増すごとにその確率は増えると考えられていますがしかし20代でも10人に1人と考えると、決して少なくありません。

その原因は主に、遺伝か生活習慣の悪さにあります。

父親がAGA、または祖父がAGAの場合は自分も発症する確率も高いため、予防は必須でしょう。

また自分の生活習慣を見直してみてどうでしょうか?

・睡眠時間が短い
・たばこの吸いすぎ
・食事のバランスが悪い
・ストレスをため込んでいる

なにかしら当てはまる場合はAGAを発症する確率があるため、こういった生活習慣をしっかりと見直すか医薬品で予防をしても良いでしょう。

どのくらいから予防すべき?

プロペシアでAGAの予防をするタイミングは基本的に自由ではありますが、全く大丈夫なうちはあまり飲みたくないと言う方は抜け毛の数が増えてきたと思ったタイミングで服用すると良いです。

また遺伝の可能性がある人は、自分の父親や祖父がどのくらいで発症したのかを聞き、その年代と同じくらいのタイミングで予防し始めると良いでしょう。

ジェネリックでも大丈夫?

ジェネリックと聞くと、プロペシアよりも劣るものだと勘違いしている人もいます。

しかしジェネリックはその元となる製品と同じ成分が入っていて安全性や効果が認められているからこそ販売されています。

そのため、ジェネリック医薬品でも同じようにAGAの予防効果があるのです。

プロペシアとそのジェネリックの違う部分は、見た目、添加物、味、価格のみとなっています。プロペシアよりもより飲みやすく改良されているジェネリックもあるため、ジェネリック=質が悪いということはないのです。

研究費や開発費がかかっていないことから格安で購入することが出来るお得な製品です。

プロペシア以外で予防するには

AGA予防にプロペシアは最適ですが、それ以外にも予防方法があります。

自分に合って続けられそうな予防方法を見つけてみてください。

その他の医薬品

プロペシア以外の医薬品で予防するという方法もあります。

ザガーロ
プロペシアよりも効果があると認められているAGAの新薬です。プロペシアで効果が出なかった人が乗り換えて利用することが多いです。

ミノキシジルもAGA治療で有名な医薬品ですが、ミノキシジルは血管を拡張させて実際に発毛させるという効果のため、根本的なジヒドロテストロテンを抑えるわけではないので予防には向いていません。

しかしプロペシアと違い「発毛させる」という効果があるため、実際にAGAが進行してしまっている人にとってはかなり役立つ治療薬です。

育毛剤を使う

育毛剤は医薬品と違いはっきりと「効果がある」と表記することはできませんが、数ある医薬品の中でもリピーターが多く、高評価を受けているものもあります。

<チャップアップ>
育毛・抜け毛予防・ふけ・かゆみを抑える効果が期待できます。育毛剤の中でもかなり人気が高く、単品購入でも定期購入でも1本目を全額返金保証してくれます。自信があるからこそできる対応です。

<フィンジア>
低刺激な成分のため副作用の心配もありません。他の製品が肌に合わなかった方などの利用者が多く、AGA予防も期待できます。

<スカルプDシャンプー>
AGAを防止するには頭皮環境も整える必要があります。スカルプDシャンプーには様々な種類があり、自分の頭皮に合ったシャンプーが使えます。

プロペシアの購入方法

購入方法は医師からの処方と通販の二種類があります。医療機関の場合、医師の診断があるため安心感がありますが、その分診察料もかかってしまいます。

またプロペシアは保険適用外のため、医療機関によってその金額は異なり場合によっては1万円以上することもあります。

通販ですと、診察などはできませんがその分安く手軽に購入できるのがメリットです。そのためリピーターが通販を利用することが多いです。

詳しくは下記をご覧ください。

プロペシアはAGA予防にも効果あり

AGAになる成人男性の割合は意外にも多く、生活習慣だけでなく遺伝が強く関わってくるため今何の前兆もなくても今後AGAが発症してしまう可能性もあります。

実際に予防のために処方する医者も多いため、少しでも不安な方はプロペシアで予防することをおすすめします。